HOME | ガイド | イスの「座面高調整」はお控え下さい

イスの「座面高調整」はお控え下さい

イスの座面高調整はお控え下さい

 
 
 
各DESKに備え付けイスの「座面高」を変えてはいけません。
※座面下右手のレバーを操作してはいけません。
 
 
当規約は「机天板との干渉による肘掛けの毀損防止」および「スタッフによりメンテナンス作業の効率化」を主眼としておりますが、それと同時に「どのタイミングでどのDESKを利用しても、別段の準備なく作業に没入できる環境の維持」という意味合いも含んでおります。
 

 
座面高にこだわりのある方は以下をお試し下さい。
 

1)座面が低いと感じる方
必要に応じてお座布団などで調整されて下さい。
共有の座布団(ゼロGクッション)をサービステーブル下にご用意しております。

2)座面が高いと感じる方
備え付けのフットレストをご利用下さい。
共有のフットレストをサービステーブル下にご用意しております。

備え付けの備品をご利用になる際は、LINEにて「○○を使用させて頂いております」の形式にてご連絡下さい。


なお、DESK No.4・No5、およびDESK No.11にかぎっては座面高の調整が可能ですので、フィット感を重視される方はそちらの利用もご検討下さい。
 
※DESK No.4・No5、およびDESK No.11の座面高を替えた時は、ご退室時に初期設定である「最下限」の位置に整え机下に戻して頂くようにお願い致します。